#今日の占い #今月の占い #ランキング #恋愛 #恋活 #結婚 #恋愛アドバイス #エスコート #アプローチ方法 #恋愛神社 #婚活アドバイス #恋愛テクニック #愛される #LINE #恋人選び #デートお誘いLINE #恋愛運 #デート #思い出づくり #運命の人 #待ち合わせ #おうちデート #決め手に欠ける #別れられない #初デート #2回目のデート #好きな人ができない #出会い #失恋 #本命 #幸せな恋愛 #いい女 #恋愛が怖い #こじらせ女子 #恋愛の勘違い #恋愛スイッチ #婚活アドバイザー #衣斐まどか #エマちゃん #浅田悠介 #藤井美穂 #忽那里美 #中前結花 #小田桐あさぎ #妹尾ユウカ #藤井みのり #E子 #夏目かをる #神崎メリ #渡邊真奈美 #林伸次 #おおしまりえ #トイアンナ #ユウジ #美々子 #たまる #ふたり #パートナー #ずっと仲良し #セックス #のろけBAR #夫婦 #嫁LINE #親子 #育児日記 #仲間 #武井浩三 #はるの #薗部雄一 #あつたゆか #ムラオユイ #人間のマカロン #しょこ #美容 #男性美容 #神コスメ #コスメ #プチプラ #台湾コスメ #タイコスメ #韓国コスメ #ネイル #セルフネイル #神スキンケア #美肌 #ツヤ肌 #まつ育 #爪のお手入れ #メイク #メイクトレンド #優等生メイク #理想の相手 #キレイ映え #マスクメイク #ノーファンデ #アイメイク #目力アップ #発色の良い #ヒロインメイク #眉メイク #カラーメイク #ポリッシュ #キラキラ #脱毛 #髪質改善 #ヘアケア #ボディメイク #身体とマインド #日焼け #ヘルシービューティー #バストアップ #ムダ毛の処理 #好きな身体 #脱毛 #ヒップメイク #香り #オッパニスト #ゆっこ #玉村麻衣子 #ふね #尾形拳 #千波 #田家麻生 #奈月 #山本杏奈 #中野ゆうこ #とりん #しゃとり世代@肌管理&台湾コスメ #未希ちん #코덕のえみり #おう姉 #只野まり子 #ぱぴこ #nanami #ひな #おいも #明日香 #前田紀至子 #奈津子 #おめらす #游 #河瀬璃菜 #もう大丈夫 #猫川舐子 #小島未紅 #さきの #ぴょんきち #しずく #ひ #yume #ちこえ #ナチョ #松田唯花 #健康 #COVID-19 #からだ塾 #薄毛 #抜け毛 #セルフケア #睡眠方法 #ダイエット #成田亜希子 #田倉怜美 #堀内祐紀 #赤須玲子 #ファッション #コーデ #リンクコーデ #デートコーデ #プラスサイズ #細見せ #小柄さん #高見せ #白T #キレイが叶うスカート #黒 #ワンピース #ランジェリー #木村えりな #雫 #ことぶきよしえ #身だしなみ #清潔感 #教養 #学び #気づき #マナー #美文字 #ちょこっとレッスン #練習方法 #斉藤美苑 #趣味 #音楽 #カルチャー #プレイリスト #バンギャル #読書 #恋愛小説 #漫画 #映画 #韓国映画 #恋愛映画 #ゲーム #eスポーツ #韓国アイドル #蟹めんま #古川ケイ #うしのひと #夜 #SYO #小野美由紀 #折田侑駿 #花田菜々子 #三宅香帆 #杏沙子 #藤田麻衣子 #鈴木里江 #徳丸ゆう #Aki_Ishibashi #ico crafts #食 #料理 #スイーツ #和菓子 #韓国料理 #カフェ #お取り寄せ #レシピ #管理栄養士 #せせなおこ #横川仁美 #ファン・インソン #いんくん #スピリチュアル #トートタロット #ももち占い #ソウルナンバー #運気向上 #ラッキーアクション #お参りの方法 #パワースポット #参拝 #縁結び #願いを叶える #しごと #上司と部下 #リモートワーク #Working from Home #テレワーク #出世したくない #オンライン会議 #新社会人 #渡瀬謙 #前田鎌利 #堀口友恵 #暮らし #おうち時間 #住まい #体質と間取り #お部屋探し #ロフト #新商品 #お土産 #おかね #貯金 #投資 #新成人 #夏 #秋 #冬 #新年度 #Stay Home #新しい生活様式 #ソーシャルディスタンシング #Keep Distance #Stay Online #お祝い #お部屋コンサルタント #ファイナンシャルプランナー #さかいともよ #中山弘恵 #mop #轟木愛美 #旅 #ステイケーション #tsunekawa #ズボラ女子 #リラックス #透明 #非日常感 #大人の雰囲気 #お気に入り #レトロ #可愛らしい雰囲気 #ごきげん #コミュニケーション #上手な謝罪 #プレゼント #内向型 #交友関係 #会話 #うまく話せない #オンライン #聞き上手 #人間関係 #はじめまして #こじらせ解消 #家族 #メッセージ #マインドセット #きちんと #チャレンジ #わたしが輝くために #変えるべきこと #自分磨き #大切なもの #ありのままに #打ち勝つために #運命変える #やるべきこと #緊張をほぐす #リフレッシュ #受け入れる #乗り越えるために #ストレス解消 #ボディポジティブ #好きなもの #好きなこと #ひとり時間 #見つめ直す #前に進むために #心構え #気分を変えて #無理をしない #チェックポイント #もやもやした気持ち #自分らしく #夢を叶える #note #お知らせ #意識調査 #豆知識 #体験レポート #お悩み相談 #無料ダウンロード #特集 #7選 #徹底比較 #都市伝説 #5選 #6選 #メディア掲載情報 #プレスリリース #公開情報 #ニュース #更新 #エッセイ #トリセツ #体験談 #ツール #選び方 #失敗談 #名言集 #トレンド #インタビュー #おうね。編集部 #佐野創太 #池田園子 #田尻奈津子 #黒木規章 #野地悠⾥江 #平野梨緒 #彦坂祐里 #川建和久
  • TOP
  • 恋愛
  • いい男とは「ありたい私でいさせてくれる人」だと思う〜コラムニスト・妹尾ユウカさんが語るいい男論〜

2020.10.16

恋愛

いい男とは「ありたい私でいさせてくれる人」だと思う〜コラムニスト・妹尾ユウカさんが語るいい男論〜

恋愛をするとき、婚活をするとき「そもそもいい男なんていないんじゃないか」、「いい男には既に相手がいる」なんて声が聞こえてきます。「自分がいい女にならなきゃ」とはわかっていたとしても。
 
いい男は定義できるのでしょうか。いい男を見極める特徴なんてものはあるのでしょうか。
 
コラムニスト、妹尾ユウカさんは「発想を転換すべき」と話します。そして「いい男の条件は2つある」とも。

「いい男」は自分の中にいるのかもしれません。妹尾ユウカさんの「いい男論」をお届けします。

妹尾ユウカのイラスト

「一番いい男は優しい男だった」といつか後悔したとしても

これから「いい男ってなんだろう」をテーマに話をしようと思うのですが、こんな話をしたところで、好きになってしまったら最後、どんなにゴミみたいな男でも、手放しがたいゴミになることでしょう。私もそうだからよくわかります。はたから見たらやめたほうがいい男には、当事者にしかわからない魅力があるものなんですよね。
 
昔、私の母がこう言ってました。「お金を持っている男、顔がいい男、仕事ができる男。いろんな男がいるけれど、一番いいのは優しい男だね。若いうちは優しい“だけ”と感じてしまうかもしれないけれど、優しい男が一番いい男だって気づいた頃には女はオバさんになっていて、優しい男は誰かのものになってるよ」って。
 
母ちゃん、あんたの言っていることはきっと正しいと私は思う。できることなら私もただ優しいだけの男と一緒になって、なるべく平穏な生活を送ることを心から幸せと呼べる女でありたかった。でもね、私はそんなに賢い女じゃないし、まだ恋だってしたいんだよ。たとえ、母ちゃんの言う通り、「一番いい男は優しい男だった」と後悔する日が来るとしても。

相手に求める前に、自分の理想を見出すこと

優しいだけじゃ物足りないし、お金があるだけじゃやるせないし、仕事ができたって仕方がないし、顔がいいだけじゃ続かない。何かひとつをどんなに持っていたって、いい男と呼ぶにはたりえない。
 
ならば、いい男とはなんなのか。
 
考えているうちに気がついたのですが、そもそも“相手に何を求めるか”を先行した考え方自体が間違っていると思うんです。まず自分の理想すらも明確に見出せていない人間が、相手に何を求めるかを先に考え出したところで、そりゃアレもコレもってなりますよね。
 
そうすると、必要としていないものまでも「コレも一応」と欲しくなってしまいます。人と比べてしまうという心理も、根本はここにある気がしました。
 
毎日、高級レストランで食事するカップルを見て「いいな〜! 素敵ね!」と思うことはあっても、いざ自分がそうなりたいかと言われれば、私はそうじゃありません。だって、どんぶり飯が一番好きだし。
 
けれど、私自身が理想とする生活を明確に見出せていなかった場合、それを見たときの「羨ましいわね」という感情は、自分の生活への物足りなさに移り変わってしまうと思うんです。

「自分がどうありたいかがわかれば、「自分にとってのいい男」が見えてくる」の画像 「自分がどうありたいかがわかれば、「自分にとってのいい男」が見えてくる」の画像

自分がどうありたいかがわかれば、「自分にとってのいい男」が見えてくる

つまり、自分にとってのいい男の定義は“自分がどうありたいか”を明確にすることさえできれば、おのずと見えてくるものであり、結局、いい男を一言で定義するのであれば「ありたい私でいさせてくれる人」これに尽きると思うんです。
 
ちなみに私の「ありたい私」から考えた「いい男」の条件はふたつあって、ひとつ目は「不本意な気持ちにさせないでくれる人」です。少し抽象的な表現ですが、なんだか不本意な気持ちになることって、日常生活を送る上で結構あると思うんです。
 
例えば、私は道端で急に目の前の人が立ち止まると「なんだこいつ急に止まるなよクソが」と「クソが」までをセットですぐに思ってしまう人間なのですが、その男性と一緒にいるときくらいはなんとも思わない、あるいはせめて「クソが」とまでは思わない私でありたい。
 
そもそも、相手との間隔を空けて、自分の気持ちと時間に余裕を持って行動をしていたら、少なくとも「クソが」とまでは思わないはずなんですよ。
 
だから、“不本意な気持ちにさせないでくれる人”というのは、もっと簡単に的確に言えば、余裕のある人のことであり、些細な出来事から私のようにまず相手を責め立ててしまう短略的な人間ではなく、相手の都合や事情を考えることのできる人。穏やかな気持ちにさせてくれる人とも言えるのかもしれません。

「穏やかな気持ちにさせてくれる人とも言えるのかもしれません。」の画像 「穏やかな気持ちにさせてくれる人とも言えるのかもしれません。」の画像

ふたつ目は「ブラックユーモアのセンスが合う人」です。おそらく先ほどから端々に出てしまっているので、お気づきかとは思いますが、私は悪口が大好きで、本当に気をつけないと容易に悪口を言ってしまう、どうしようもないところがあります。
 
しかし、好きなものはなかなか変えられるものではありません。気をつけないといけないという意識は持ちながらも、一定のラインを超えなければ、悪口というのは私にとって最高の娯楽なんです。
 
周囲の人やSNSのフォロワーの方たちにとっても、私の悪口はあくまで持ち味であり、愉快痛快の範疇であれたらと思っています。だから、そんな最高の娯楽に付き合ってくれる人、同じラインを守りつつ、一緒に楽しんでくれる人が私にとってはいい男です。
 
ちなみに完全なる余談ですが、先日、従姉妹に勧められて、マッチングアプリに初めて登録したのですが、趣味のカテゴリーに「カフェ巡り」や「動物好き」といったマイルドなものはたくさんありましたが、「悪口好き」というカテゴリーは一切なくて、マッチングアプリをアンインストールしました。

「その人と一緒にいるときの自分」は好きですか?

それはさておき、最後に私から言いたいことは、ネットで「いい男とは」と検索をかけると「短気ではない男」「仕事に熱心な男」といった当然とも呼べることが書かれたサイトが多々出てきます。
 
しかし、それらを軸にパートナー選びをした結果、見つかる男というのはとても無難な男だと思います。それが理想なら構わないのですが、はたから見たときにいい男かどうかよりも、“その人といるときの自分が好きかどうか”を基準に選んだ方がいいと私は思います。
 
あなたにとってのいい男を探すためには中盤で話した通り、自分はどうありたいかを考えてみることが一番の近道かもしれません。「いい友達」だってきっとそうです。その人といるときの自分が好きかどうか、ありたい自分でいられているか。なんてことも一度考えてみてもいいと思います。
 
そして、本当に最後になりますが、やはり道端でいきなり立ち止まる人はどう考えてもクソですよね・・・。

◎ おうね。編集部の感想 ◎
自分の中で「いい男」とは何か、自分なりの考えを持つこと。そして、それに基づいた相手選びをすることで、自分を幸せにしてあげられる、そんなメッセージが伝わりました。
 
“その人といるときの自分が好きかどうか”という軸の話も心に響きます。誰かが決めたモノサシではなく、他でもない自分のモノサシを元に判断する勇気を持ちたいものです。

このページの一番下にある「マシュマロ」と「感想フォーム」では、記事の感想を募集しています。全てのご意見にお返事することは難しいですが、あなたの意見・お悩みが記事になるかもしれません!

* * * * *

「おうね。公式SNS」 TwitterInstagramにて情報発信中。また、新着記事をLINEでお届けしています。あなたがお使いのツールでぜひご登録ください。お待ちしています!

  • TOP
  • 恋愛
  • いい男とは「ありたい私でいさせてくれる人」だと思う〜コラムニスト・妹尾ユウカさんが語るいい男論〜

書き手=妹尾ユウカ(コラムニスト)/企画=池田園子 /編集・監修=「おうね。」編集部

ナビゲーター

  • 妹尾 ユウカ(せのお・ゆうか)  1997年8月生まれ。一児の母。コラムニスト。

    妹尾 ユウカ(せのお・ゆうか) 1997年8月生まれ。一児の母。コラムニスト。

▼このナビゲーターの他記事はこちら

感想・質問を受け付けています

記事を読んでくださってありがとうございます!
ナビゲーターの妹尾 ユウカさんや編集部あてに
是非
あなたの声をお送りください。時には「アンサー
記事」を出したいと思います。