#恋愛 #恋愛アドバイス #エスコート #アプローチ方法 #恋愛神社 #婚活アドバイス #恋愛テクニック #デート #思い出づくり #怒 #運命の人 #待ち合わせ #おうちデート #決め手に欠ける #初デート #2回目のデート #好きな人ができない #出会い #婚活アドバイザー #衣斐まどか #浅田悠介 #藤井美穂 #忽那里美 #中前結花 #小田桐あさぎ #妹尾ユウカ #藤井みのり #E子 #ふたり #パートナー #ずっと仲良し #セックス #のろけBAR #夫婦 #嫁LINE #親子 #育児日記 #仲間 #武井浩三 #はるの #薗部雄一 #あつたゆか #ムラオユイ #美容 #男性美容 #神コスメ #コスメ #プチプラ #台湾コスメ #タイコスメ #韓国コスメ #ネイル #セルフネイル #神スキンケア #美肌 #ツヤ肌 #まつ育 #爪のお手入れ #メイクトレンド #優等生メイク #理想の相手 #キレイ映え #マスクメイク #ノーファンデ #アイメイク #目力アップ #発色の良い #キラキラ #脱毛 #髪質改善 #ヘアケア #ボディメイク #身体とマインド #日焼け #ヘルシービューティー #バストアップ #ムダ毛の処理 #好きな身体 #脱毛 #ヒップメイク #ラ ロッシュ ポゼ #CEZANNE #NARS(ナーズ) #Dior(ディオール) #CHANEL #CLARINS #ESTĒE LAUDER(エスティ ローダー) #クレドポーボーテ #POLA(ポーラ) #LANCÔME(ランコム) #SUQQU #ドゥ・ラ・メール #ADDICTION(アディクション) #SQUSE ME(スキューズ ミー) #DECORTÉ(コスメデコルテ) #オッパニスト #ゆっこ #玉村麻衣子 #ふね #エマちゃん #尾形拳 #千波 #松下侑衣花 #田家麻生 #奈月 #山本杏奈 #中野ゆうこ #とりん #しゃとり世代@肌管理&台湾コスメ #未希ちん #코덕のえみり #おう姉 #只野まり子 #ぱぴこ #nanami #ひな #おいも #明日香 #前田紀至子 #奈津子 #おめらす #游 #河瀬璃菜 #もう大丈夫 #猫川舐子 #小島未紅 #健康 #COVID-19 #からだ塾 #薄毛 #抜け毛 #セルフケア #睡眠方法 #ダイエット #成田亜希子 #田倉怜美 #堀内祐紀 #赤須玲子 #ファッション #コーデ #リンクコーデ #デートコーデ #プラスサイズ #細見せ #小柄さん #高見せ #白T #キレイが叶うスカート #黒 #ワンピース #ランジェリー #ZARA #UNIQLO #GU #H&M #fifth #CONVERSE #木村えりな #雫 #ことぶきよしえ #身だしなみ #清潔感 #教養 #学び #気づき #マナー #美文字 #ちょこっとレッスン #練習方法 #斉藤美苑 #趣味 #音楽 #カルチャー #プレイリスト #バンギャル #読書 #恋愛小説 #漫画 #映画 #韓国映画 #恋愛映画 #ゲーム #eスポーツ #韓国アイドル #蟹めんま #古川ケイ #うしのひと #夜 #SYO #小野美由紀 #折田侑駿 #花田菜々子 #三宅香帆 #鈴木里江 #徳丸ゆう #Aki_Ishibashi #食 #料理 #スイーツ #和菓子 #韓国料理 #カフェ #お取り寄せ #レシピ #管理栄養士 #せせなおこ #横川仁美 #ファン・インソン #いんくん #スピリチュアル #トートタロット #今日の占い #今週の占い #ももち占い #ソウルナンバー #運気向上 #ラッキーアクション #お参りの方法 #パワースポット #参拝 #縁結び #しごと #上司と部下 #リモートワーク #Working from Home #出世したくない #オンライン会議 #新社会人 #渡瀬謙 #前田鎌利 #堀口友恵 #暮らし #おうち時間 #住まい #体質と間取り #お部屋探し #ロフト #新商品 #お土産 #おかね #貯金 #投資 #新成人 #夏 #秋 #冬 #新年度 #Stay Home #新しい生活様式 #ソーシャルディスタンシング #Keep Distance #Stay Online #お祝い #無印良品 #お部屋コンサルタント #ファイナンシャルプランナー #さかいともよ #中山弘恵 #旅 #ステイケーション #tsunekawa #ズボラ女子 #リラックス #透明 #非日常感 #大人の雰囲気 #お気に入り #レトロ #可愛らしい雰囲気 #コミュニケーション #上手な謝罪 #プレゼント #内向型 #交友関係 #会話 #うまく話せない #オンライン #聞き上手 #人間関係 #はじめまして #こじらせ解消 #家族 #メッセージ #マインドセット #きちんと #チャレンジ #わたしが輝くために #変えるべきこと #自分磨き #大切なもの #ありのままに #打ち勝つために #運命変える #やるべきこと #緊張をほぐす #リフレッシュ #受け入れる #乗り越えるために #ストレス解消 #ボディポジティブ #好きなもの #好きなこと #ひとり時間 #見つめ直す #前に進むために #心構え #気分を変えて #無理をしない #チェックポイント #もやもやした気持ち #note #お知らせ #意識調査 #豆知識 #体験レポート #お悩み相談 #無料ダウンロード #特集 #7選 #ランキング #徹底比較 #都市伝説 #5選 #6選 #メディア掲載情報 #プレスリリース #公開情報 #ニュース #更新 #エッセイ #トリセツ #体験談 #ツール #選び方 #失敗談 #名言集 #トレンド #おうね。編集部 #佐野創太 #池田園子 #田尻奈津子 #黒木規章 #野地悠⾥江 #平野梨緒 #彦坂祐里 #川建和久
  • TOP
  • 恋愛
  • 「自然な出会い」って何?どこにある?20~30代の男女409名にアンケート【2020年版】

2020.09.16

恋愛

「自然な出会い」って何?どこにある?20~30代の男女409名にアンケート【2020年版】

こんにちは!「おうね。」編集部の彦坂です。

彦坂祐里のイラスト

多様な出会いのサービスが普及する中、「自然な出会いがよい」という意見もよく耳にします。
そもそも「自然な出会いって何だろう?」と疑問に思った彦坂。
世間が考える「自然な出会いの定義」を明らかにすべく、アンケート調査を行いました。

 

今回、一般男女(未婚・既婚を含む)409名に「自然な出会い」に関する7つの質問に回答いただきました。(今回はネットです。いつか街頭調査したいけど)

 

本記事を読めば、「自然な出会いとは?」の疑問が解消されるかもしれません。

* * * * *
* * * * *

■「自然な出会い」がよいと思う?支持率66%の結果に!

『「自然な出会い」がよいと思う?支持率66%の結果に!』のグラフ 『「自然な出会い」がよいと思う?支持率66%の結果に!』のグラフ

20~39歳の男女442名に『あなたは、「自然な出会い」がよいと考えますか』と質問したところ、全体の66%が「はい」と回答。「いいえ」は4%と少数派、「どちらともいえない」は26%でした。
やはり、自然な出会いは圧倒的な支持率ですね。

 

男女年代別による回答の差は少なく、2%程度でした。(やや女性の方が自然な出会い支持率が高い)

 

「どちらともいえない」と回答した3割弱の方は、出会い方より結果を重視する現実主義タイプ⁉

* * * * *

■自然に出会いたい理由は、「生活の中で人柄を知り、自然と惹かれる」が理想だから!

『自然に出会いたい理由は、「生活の中で人柄を知り、自然と惹かれる」が理想だから!』のグラフ 『自然に出会いたい理由は、「生活の中で人柄を知り、自然と惹かれる」が理想だから!』のグラフ

「自然に出会いたい」と回答した男女に対し、その理由も聞いてみました。
1位の「生活の中で人柄を知り、自然に惹かれることが理想だから」が約45%と半数近い回答でした。実体験ですからね、「あるある」だと予想していました。

 

次いで「自然な出会いに憧れがあるから」が36.6%、「出会いを求めている状況が苦手だから」が23.9%、「出会いにお金をかけたくないから」が22.4%でした。

* * * * *

■自然な出会いとは?男女409名が考える自然な出会いは「行きつけの場所」「学生時代の知人」「職場」が上位

「自然な出会いとは?男女409名が考える自然な出会いは「行きつけの場所」「学生時代の知人」「職場」が上位」のグラフ 「自然な出会いとは?男女409名が考える自然な出会いは「行きつけの場所」「学生時代の知人」「職場」が上位」のグラフ

1位、行きつけの場所で出会う。

 

次いで編集部で物議を醸したトップ回答。「行きつけの場所」ってどこなんでしょう⁉
(疑問に思った方はマシュマロにコメントを。ニーズが高ければ、追跡調査いたします。)

 

「学生時代の友人・知人」が51.3%、「職場」が同じく51.3%でした。
過半数の回答があった「行きつけの場所」「学生時代の知人」「職場」の3つは「自然な出会い」と定義できるのではないでしょうか。

 

他に40%以上が「自然な出会い」と認めたものは、「趣味のあつまり」「取引先等の仕事の関わり」「偶然居合わせて知り合う」「友人・知人の紹介。」

 

「オンライン飲み会・イベント」を選んだ人は16.9%でした。一部の先進的なタイプには、スタンダードになっているのでしょうか。

* * * * *

■理想の「自然な出会い」は「学生時代の知人」「行きつけの場所で出会う」「知人の紹介」

『理想の「自然な出会い」は「学生時代の知人」「行きつけの場所で出会う」「知人の紹介」』のグラフ 『理想の「自然な出会い」は「学生時代の知人」「行きつけの場所で出会う」「知人の紹介」』のグラフ

「自然に出会いたい」と回答した方を対象に、理想の出会い方を3つまでお答えいただきました。

 

「学生時代の友人・知人」が15.7%、「行きつけの場所で出会う」が11.4%、「友人・知人の紹介」が10.3%、「職場」が9.8%という結果でした。

 

新たな出会いよりも、旧知の人物との出会いの方が支持される結果となりました。単なる「知人」レベルでも、SNSで繋がっていることがありますよね。
「久しぶりに連絡して…」というのが理想の出会い?

 

ここでも登場した「行きつけの場所。」大人たるもの、行きつけの場所の一つや二つあるのが、世の常識なのでしょうか。
(近所の図書館も行きつけの場所に入ります?)

 

ちなみにマッチングアプリの出会いに関するアンケート(LINEリサーチ)では、20~30代男女の半数弱が「よいと思う」と回答していますが、「自然な出会い」に限定した本調査では、理想とする人は2.6%という結果になりました。

* * * * *

■「自然な出会い」経験者は7割

『「自然な出会い」経験者は7割』のグラフ 『「自然な出会い」経験者は7割』のグラフ

「過去に自然な出会いをしたことがあるか」を未婚・既婚を含む男女に聞いたところ、7割もの方が「はい」と回答しました。
確かに、人生で1度くらい、自然に出会うこともありますよね。その1回のトキメキを求めて、「もう1回くらい」と期待してしまうのかもしれません。
ちなみに私もその1人です…。

* * * * *

■実際にあった出会いシチュエーションは、「学生時代の知人」「職場」「知人の紹介」「行きつけの場所」

『実際にあった出会いシチュエーションは、「学生時代の知人」「職場」「知人の紹介」「行きつけの場所」』のグラフ 『実際にあった出会いシチュエーションは、「学生時代の知人」「職場」「知人の紹介」「行きつけの場所」』のグラフ

前の設問で「自然な出会いをしたことがある」と回答した7割の方に、過去に経験した出会いのシチュエーションを尋ねました。

 

1位の「学生時代の友人・知人」(39.9%)は理想の出会いでもトップでした。トップ項目については、理想と現実が見事に一致しています。
次いで職場が27.1%、友人・知人の紹介が23.6%、そして「行きつけの場所で出会う」が14%でした。いや本当に、「行きつけの場所」ってどこなんでしょう…。

 

5位の「取引先など、仕事上の関わり」での出会いを経験した人は12.8%。中々リスキーなシチュエーション。

 

6位の「偶然居合わせて知り合う(12.4%)」は憧れの少女漫画シチュエーションですね。
そういえば、クリスマスに会社で重い段ボールを運んでいたら、さっそうと現れたイケメンが助けてくれたことあったなぁ。

 

ちなみに、ナンパ(路上声掛け活動)は3.9%と少数派でした。

* * * * *

■自然な出会い、その後どうなった?3割弱が結婚に至った!

「自然な出会い、その後どうなった?3割弱が結婚に至った!」のグラフ 「自然な出会い、その後どうなった?3割弱が結婚に至った!」のグラフ

同じく自然な出会いの経験者に、その出会いはどうなったかを質問しました。

 

「交際したが、上手くいかなかった」が34%と最も多く、「交際に至り、現在も継続中」が21%でした。一方「交際に至らなかった」は18%と一度は交際に至る人の方が多いことが分かりました。

 

そして交際し、結婚に至ったのは27%でした。3割近くの人が、自然に出会った末に結婚しています。

■自然な出会いで「困ったことは特にない」が4割。「上手くいかなくても関わらなくてはいけない」という意見も

『自然な出会いで「困ったことがない」が4割。「上手くいかなくても関わらなくてはいけない」という意見も』のグラフ 『自然な出会いで「困ったことがない」が4割。「上手くいかなくても関わらなくてはいけない」という意見も』のグラフ

自然な出会い経験者に対し、「困ったことはあるか?」と質問したところ、「困ったことは特にない」という回答が最も多く、40.8%でした。

 

ほかに「上手くいかなくても、関わらなくてはいけない(23.9%)」「上手く行かなかった結果、それまでの関係性が損なわれた(18.4%)」「相手が出会いを求めているか分からなかった(15.8%)」などの意見がありました。

* * * * *

■まとめ

「理想の出会い」も「実際にあった出会い」も学生時代の知人という意見が多い結果となりました。

このことから、「相手の人柄を知っている、もしくはなんとなく分かる」という安心感を求めている人が多いのではないかと感じました。
新しい出会いは「不安だ」「心配だ」という意見も耳にすることがあります。

 

また実際にあった出会いは、学生時代の知人のほか、職場や取引先といった生活範囲内の出会いが上位を占めました。
よく耳にする「出会いがない」は、これらの周辺環境に適当な相手がいないことを指しているケースが多いのではないでしょうか。

 

「現状に満足していない」という場合、自分なりの「行きつけの場所」を増やすことが効果的かもしれません。その先には、趣味嗜好が合致する相手との「自然な出会い」が待っている⁉

※調査概要

結婚相手紹介サービスオーネットが20~39歳の男女442 人(男性:222 人、女性:220人)を対象に行った。
(回答者は442名中、409名)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000162.000022091.html

◎ おうね。編集部の感想 ◎ 結婚に関する調査レポートを作成する中で、非常に多く見かけた「自然に出会いたい」というニーズ。今回の調査により、世間が考える「自然な出会い」の像が見えてきました。

納得の意見が多い中、「行きつけの場所」に票が集まったことは、注目すべき部分だと感じました。本当に気になって仕方がないので、「具体的にどこ?」を求める追跡調査の依頼をお待ちしております。

このページの一番下にある「マシュマロ」と「感想フォーム」では、記事の感想を募集しています。全てのご意見にお返事することは難しいですが、あなたのご意見や感想が記事になるかもしれません!

* * * * *



「おうね。公式SNS」 TwitterInstagramにて情報発信中。また、新着記事をLINEでお届けしています。あなたがお使いのツールでぜひご登録ください。お待ちしています!

本日の「おうね。」ポイント

男女409名が定義する自然な出会いは、「学生時代の知人」「職場」「行きつけの場所」である。

「理想の出会い」も「実際にあった出会い」も学生時代の友人・知人がトップ。

自分なりの「行きつけの場所」を増やすことで、新たに「自然な出会い」が見つかる可能性がある。

書き手=彦坂祐里 /編集=佐野創太(「おうね。」編集長)/監修=「おうね。」編集部

#彦坂祐里 #恋愛 #意識調査 #自然な出会い #出会い #運命の人

ナビゲーター

  • 彦坂 祐里(ひこさか ゆり)  「おうね。」の記事入稿・企画担当。 ソウルナンバーは1。 不動産会社にて経理業務を経て、オーネットに転職。 「おうね。」においては、企画・編集・ライターとして一人前になることが目標。 オーネット広報も兼務。

    彦坂 祐里(ひこさか ゆり) 「おうね。」の記事入稿・企画担当。 ソウルナンバーは1。 不動産会社にて経理業務を経て、オーネットに転職。 「おうね。」においては、企画・編集・ライターとして一人前になることが目標。 オーネット広報も兼務。

▼このナビゲーターの他記事はこちら

感想・質問を受け付けています

記事を読んでくださってありがとうございます!
ナビゲーターの彦坂 祐里さんや編集部あてに
是非
あなたの声をお送りください。時には「アンサー
記事」を出したいと思います。