#恋愛 #恋愛アドバイス #エスコート #アプローチ方法 #恋愛神社 #婚活アドバイス #恋愛テクニック #愛される #LINE #デート #思い出づくり #怒 #運命の人 #待ち合わせ #おうちデート #決め手に欠ける #別れられない #初デート #2回目のデート #好きな人ができない #出会い #幸せな恋愛 #いい女 #婚活アドバイザー #衣斐まどか #浅田悠介 #藤井美穂 #忽那里美 #中前結花 #小田桐あさぎ #妹尾ユウカ #藤井みのり #E子 #夏目かをる #ふたり #パートナー #ずっと仲良し #セックス #のろけBAR #夫婦 #嫁LINE #親子 #育児日記 #仲間 #武井浩三 #はるの #薗部雄一 #あつたゆか #ムラオユイ #人間のマカロン #美容 #男性美容 #神コスメ #コスメ #プチプラ #台湾コスメ #タイコスメ #韓国コスメ #ネイル #セルフネイル #神スキンケア #美肌 #ツヤ肌 #まつ育 #爪のお手入れ #メイク #メイクトレンド #優等生メイク #理想の相手 #キレイ映え #マスクメイク #ノーファンデ #アイメイク #目力アップ #発色の良い #ヒロインメイク #キラキラ #脱毛 #髪質改善 #ヘアケア #ボディメイク #身体とマインド #日焼け #ヘルシービューティー #バストアップ #ムダ毛の処理 #好きな身体 #脱毛 #ヒップメイク #ラ ロッシュ ポゼ #CEZANNE #NARS(ナーズ) #Dior(ディオール) #CHANEL #CLARINS #ESTĒE LAUDER(エスティ ローダー) #クレドポーボーテ #POLA(ポーラ) #LANCÔME(ランコム) #SUQQU #ドゥ・ラ・メール #ADDICTION(アディクション) #SQUSE ME(スキューズ ミー) #DECORTÉ(コスメデコルテ) #ゼオスキン #ALBION(アルビオン) #HELENA RUBINSTEIN(ヘレナ ルビンスタイン) #Celvoke(セルヴォーク) #innisfree(イニスフリー) #Amplitude(アンプリチュード) #TOM FORD(トムフォード) #ROSE LABO(ローズラボ) #CLIO(クリオ) #オッパニスト #ゆっこ #玉村麻衣子 #ふね #エマちゃん #尾形拳 #千波 #松下侑衣花 #田家麻生 #奈月 #山本杏奈 #中野ゆうこ #とりん #しゃとり世代@肌管理&台湾コスメ #未希ちん #코덕のえみり #おう姉 #只野まり子 #ぱぴこ #nanami #ひな #おいも #明日香 #前田紀至子 #奈津子 #おめらす #游 #河瀬璃菜 #もう大丈夫 #猫川舐子 #小島未紅 #さきの #健康 #COVID-19 #からだ塾 #薄毛 #抜け毛 #セルフケア #睡眠方法 #ダイエット #成田亜希子 #田倉怜美 #堀内祐紀 #赤須玲子 #ファッション #コーデ #リンクコーデ #デートコーデ #プラスサイズ #細見せ #小柄さん #高見せ #白T #キレイが叶うスカート #黒 #ワンピース #ランジェリー #ZARA #UNIQLO #GU #H&M #fifth #CONVERSE #木村えりな #雫 #ことぶきよしえ #身だしなみ #清潔感 #教養 #学び #気づき #マナー #美文字 #ちょこっとレッスン #練習方法 #斉藤美苑 #趣味 #音楽 #カルチャー #プレイリスト #バンギャル #読書 #恋愛小説 #漫画 #映画 #韓国映画 #恋愛映画 #ゲーム #eスポーツ #韓国アイドル #蟹めんま #古川ケイ #うしのひと #夜 #SYO #小野美由紀 #折田侑駿 #花田菜々子 #三宅香帆 #鈴木里江 #徳丸ゆう #Aki_Ishibashi #食 #料理 #スイーツ #和菓子 #韓国料理 #カフェ #お取り寄せ #レシピ #管理栄養士 #せせなおこ #横川仁美 #ファン・インソン #いんくん #スピリチュアル #トートタロット #今日の占い #今週の占い #ももち占い #ソウルナンバー #運気向上 #ラッキーアクション #お参りの方法 #パワースポット #参拝 #縁結び #しごと #上司と部下 #リモートワーク #Working from Home #出世したくない #オンライン会議 #新社会人 #渡瀬謙 #前田鎌利 #堀口友恵 #暮らし #おうち時間 #住まい #体質と間取り #お部屋探し #ロフト #新商品 #お土産 #おかね #貯金 #投資 #新成人 #夏 #秋 #冬 #新年度 #Stay Home #新しい生活様式 #ソーシャルディスタンシング #Keep Distance #Stay Online #お祝い #無印良品 #お部屋コンサルタント #ファイナンシャルプランナー #さかいともよ #中山弘恵 #旅 #ステイケーション #tsunekawa #ズボラ女子 #リラックス #透明 #非日常感 #大人の雰囲気 #お気に入り #レトロ #可愛らしい雰囲気 #ごきげん #コミュニケーション #上手な謝罪 #プレゼント #内向型 #交友関係 #会話 #うまく話せない #オンライン #聞き上手 #人間関係 #はじめまして #こじらせ解消 #家族 #メッセージ #マインドセット #きちんと #チャレンジ #わたしが輝くために #変えるべきこと #自分磨き #大切なもの #ありのままに #打ち勝つために #運命変える #やるべきこと #緊張をほぐす #リフレッシュ #受け入れる #乗り越えるために #ストレス解消 #ボディポジティブ #好きなもの #好きなこと #ひとり時間 #見つめ直す #前に進むために #心構え #気分を変えて #無理をしない #チェックポイント #もやもやした気持ち #自分らしく #note #お知らせ #意識調査 #豆知識 #体験レポート #お悩み相談 #無料ダウンロード #特集 #7選 #ランキング #徹底比較 #都市伝説 #5選 #6選 #メディア掲載情報 #プレスリリース #公開情報 #ニュース #更新 #エッセイ #トリセツ #体験談 #ツール #選び方 #失敗談 #名言集 #トレンド #おうね。編集部 #佐野創太 #池田園子 #田尻奈津子 #黒木規章 #野地悠⾥江 #平野梨緒 #彦坂祐里 #川建和久
  • TOP
  • 身だしなみ・ファッション
  • 「洗えるシルクウェア」の贅沢感に夢中。部屋着にもお出かけ着にもなる、Intimissimiの優秀シルクアイテム【がんばる私を甘やかすアイデア手帖 #3〜美容好きフリーランス・ゆっこさん連載】

「洗えるシルクウェア」の贅沢感に夢中。部屋着にもお出かけ着にもなる、Intimissimiの優秀シルクアイテム【がんばる私を甘やかすアイデア手帖 #3〜美容好きフリーランス・ゆっこさん連載】

こんにちは、コスメ・香水好きなフリーランス コミュニティプランナーのゆっこ(@yucoosme)です。

ゆっこのイラスト ゆっこのイラスト

10月より、連載【がんばる私を甘やかすアイデア手帖】を開始しました。自分のための“甘やかしアイテム”を毎月ひとつ紹介しています。
 
前回の「見るたびにキュンとする美爪が30秒で完成、オフは剥がすだけ。簡単セルフジェルネイルがマイブーム。」に続き、今回はお出かけ着にもなる、「洗えるシルクウェア」を取り上げます。
 
シルクって実は、気軽に楽しめるものなんです。洗濯が楽にできて、気分も最高にあがる、お気に入りのアイテムを紹介します。

* * * * *

シルクは「余裕のある人だけが扱えるアイテム」だと思っていた

『シルクは「余裕のある人だけが扱えるアイテム」だと思っていた』の画像 『シルクは「余裕のある人だけが扱えるアイテム」だと思っていた』の画像

今年の夏、シルクのランジェリーを購入しました。
 
今までシルクに持っていたイメージは、「染みになりやすい」「虫に喰われやすそう」「手洗いしかできない」。
 
時間や気持ちに余裕のある人にしか扱えない、特別な素材だと思っていました。
 
私は日々時間に追われているし、何より面倒なことが嫌いだから、毎回丁寧に手押し洗いするようなことなんてもってのほか。
 
シルクは高級だし、肌に優しくて良さそうなのはわかるけど、私には向いてないかな。そんなふうに思っていました。

* * * * *

“日常的に着られる”シルクランジェリーとの出会い

夏に携わった仕事の関係で知った、イタリアのランジェリーブランド、Intimissimi(インティミッシミ)。
 
繊細で柔らかいレース、おしゃれなデザイン、それでいて着けていて心地よい、というように、見た目と機能を両立したランジェリーブランドです。
 
美しいレースを使ったキャミソールから、シンプルに羽織れるシャツタイプ・・・Intimissimiにはさまざまな種類のシルクウェアが揃っています。
 
“ランジェリー”というと、華やかな色と装飾で素肌を彩る印象で、今まで縁がなかったのが正直なところ。
 
でも、華やかな色と装飾ばかりではなく、シンプルなラインナップも豊富に揃っているのが、ランジェリーの世界でした。
 
その中でも、シンプルなシルクのランジェリーに惹かれました。シルクという素材は夏は涼しく、冬は暖かいという、機能性の高さも特徴です。天然素材なので静電気が起こりにくいから、肌にも優しいのです。
 
そして、何より新しい発見だったのは、部屋着や下着としてだけではなくて、普段着としても活用できるアイテムがIntimissimiには揃っていたこと。

* * * * *

Intimissimiのシルク スリップは暖かく上品にまとまる

私が一目惚れして購入したのは「ミディ丈シルク スリップ」でした。

「Intimissimiのシルク スリップは暖かく上品にまとまる」の画像 「Intimissimiのシルク スリップは暖かく上品にまとまる」の画像

ブラックのプレーンなキャミソールは、身長169cmある私でも足首近くまで丈があって、ロングドレスのよう。もちろん100%シルクです。
 
シルク100%だけあって、肌触りが極上。柔らかい肌触りと、すべすべの触り心地で、肌へのストレスがありません。保温効果が高く、着ていると、とても贅沢な気持ちになります。
 
(ちなみに私は普段、洋服は基本的にLサイズを購入していますが、元々大きめに作られている海外製のIntimissimiではすべてMサイズを購入しました。Mサイズでも十分ゆとりがあるサイズ感ですよ)
 
素肌にまとった上にガウンやセーターを羽織って、部屋でゆったり過ごしてみると、今の時期はとても暖かい!
 
夏、Tシャツの上に重ねてスニーカーとコーディネートしても、シンプルかつ上品にまとまるとても便利なアイテムです。

「夏、Tシャツの上に重ねてスニーカーとコーディネートしても、シンプルかつ上品にまとまるとても便利なアイテムです。」の画像 「夏、Tシャツの上に重ねてスニーカーとコーディネートしても、シンプルかつ上品にまとまるとても便利なアイテムです。」の画像

肩紐の部分がアジャスター付になっていて、長さを調節できるのも魅力です。少し長すぎると感じたら、短く調整することもできます。

* * * * *

Intimissimiのシルク ロングパンツは、履きやすいのに上品にキマる

「Intimissimiのシルク ロングパンツは、履きやすいのに上品にキマる」の画像 「Intimissimiのシルク ロングパンツは、履きやすいのに上品にキマる」の画像

ランジェリーというよりリラックスパンツに近い「シルク&リヨセル ロングパンツ」。ウエスト部分がゴムなので、リラックスタイムにぴったりな、ブラックのロングパンツです。
 
パンツにヒールのパンプス、ジャケットをコーディネートした方にお会いしたとき、あまりにも素敵だったので、「どこのパンツですか?」と伺わずにはいられませんでした。
 
その方がお召しになっていたのが、シルク&リヨセル ロングパンツだったんです。「便利なので、色違いのシェルベージュも持っています」という一言で、私も購入を決意しました。

「光沢ととろみのあるシルクなので、ラクに履けるのに綺麗に見える便利アイテム。」の画像 「光沢ととろみのあるシルクなので、ラクに履けるのに綺麗に見える便利アイテム。」の画像

光沢ととろみのあるシルクなので、ラクに履けるのに綺麗に見える便利アイテム。部屋で履くのにも適していますが、お出かけのときも履きたい! と思うパンツです。
 
こちらのパンツもMサイズを購入。普段Lサイズを購入する、下半身にボリュームのある私でも、窮屈さを感じることなく着用できています。
 
パンプスに合わせても、スニーカーに合わせても、とても上品にまとまります。
 
お腹周りがキツく感じない点もうれしいですし、肉感を拾わない分、足がスラッとして見えるのもありがたいです。

* * * * *

Intimissimiのシルク シャツは羽織っても、上までボタンを留めて着ても可愛い

「Intimissimiのシルク シャツは羽織っても、上までボタンを留めて着ても可愛い」の画像 「Intimissimiのシルク シャツは羽織っても、上までボタンを留めて着ても可愛い」の画像

ふわっと羽織ると可愛く、首元を開けて着ると少しセクシーにキマる「シルク シャツ」も、大切に着ている1枚です。
 
私は一番上のボタンまで留めて、ボトムスにはジーンズを合わせて、全体のバランスを意識しています。

「私は一番上のボタンまで留めて、ボトムスにはジーンズを合わせて、全体のバランスを意識しています。」の画像 「私は一番上のボタンまで留めて、ボトムスにはジーンズを合わせて、全体のバランスを意識しています。」の画像

シルクを羽織るだけでも艶っぽさが出るので、他はカジュアルにするのがちょうどいいと思っているからです。
 
家ではサッと羽織るだけでも暖かく、かつきちんとして見えるので重宝しています。丈が長いため、小柄な方はシャツワンピとしても着られますよと、ショップの方から聞きました(私の身長ではワンピにするには無理がありました)。
 
丈が長いので、ベルトを巻いて調整したり、後ろだけ出してヒップラインを隠したり。1枚で自由に楽しめるシャツです。
 
大きめのサイズ感で作られているため、こちらはSサイズでも十分だったと思います。ただ、腕まわりはタイトめに作られていたため、私は腕を動かしやすいよう、少し余裕のあるMサイズを購入しました。

* * * * *

洗濯が大変そうなイメージのシルク。実は、洗濯機で洗濯できるものも

私が紹介した3点のシルクアイテムは、すべて洗濯機での洗濯が可能です。いつも洗濯ネットに入れて、普通に洗濯機にかけています。
 
染みやシワになりやすいので、日陰干しをすることや、干すときに手でシワを伸ばしながら干すことは必要になりますが、それを差し引いてもシルクアイテムはとても機能的で便利。
 
「シルクは洗えない」「取り扱いが難しい」というイメージが覆りませんか?

* * * * *

ランジェリーを自由に楽しむ自分と出会えた喜び

何より、身に着けると心が満たされるのを実感します。
 
今までシルクもランジェリーも、自分とはほど遠い存在だと思っていました。それは「扱いづらい」「見えない部分にお金をかけてもな」「派手でセクシーなランジェリーを見せる相手もいないし」みたいな固定概念から来ていたのかもしれません。
 
まずはキャミソールから、でもいいと思います。肌にしっとりと触れるシルクの肌触りや、贅沢な光沢に包まれると、幸せな気持ちになりますよ。
 
部屋でシルクのキャミソールを着ていると、家族からは「すべすべしていて気持ちいい」「ママ素敵」と言われて、自然と優しい気持ちになっています。単純ですね・・・(笑)。
 
シンプルで扱いやすいデザインのランジェリーもあると知れたこと。
それを身に着けて実感した、シルクには高い機能性があること。
見えない部分だからこそ、気分の上がるアイテムをまとって、自分にしかできない自分のご機嫌取りができること。
 
この3つは、シルクのランジェリーを手にして感じたことでした。
 
今回ご紹介したIntimissimiはシルクのアイテムだけではなく、温かいカシミヤのボディスーツなど、機能性が高くおしゃれなアイテムがたくさん揃っています。
 
機能的なランジェリーだけではなく、洋服と合わせてのコーディネートも楽しむことができるランジェリーの世界に、私はまだ足を踏み入れたばかり。
 
これからも新たな発見のあるランジェリーとの出会いがとても楽しみです。

◎ おうね。編集部の感想 ◎
ツヤツヤしたシルクは肌に触れるとまろやかで、優しく、上質な生地に包まれる喜びを感じさせてくれる素材。
 
冬ならではの「モコモコ」素材のルームウェアも、気持ちよくてハッピーな気持ちになりますが、シルクもまた別の種類の優れた素材として、まとうと自分をごきげんにしてくれます。
 
「ランジェリーの世界に、私はまだ足を踏み入れたばかり」という、ゆっこさんの言葉が印象的でした。
 
自分に一番近いところに触れるランジェリーだからこそ、本当に気に入ったものを選んで、身に着けたいものですね。

このページの一番下にある「マシュマロ」と「感想フォーム」では、記事の感想を募集しています。全てのご意見にお返事することは難しいですが、あなたの意見・お悩みが記事になるかもしれません!

* * * * *

「おうね。公式SNS」 TwitterInstagramにて情報発信中。また、新着記事をLINEでお届けしています。あなたがお使いのツールでぜひご登録ください。お待ちしています!

本日の「おうね。」ポイント

ランジェリーは、華やかな色と装飾のものばかりじゃない。シンプルなラインナップも豊富に揃う。

機能性の高いシルクは、夏は涼しく、冬は暖かい。天然素材で静電気が起こりにくく、肌にも優しい。

シルクの肌触りや贅沢な光沢に包まれると、幸せな気持ちになれる。

書き手=ゆっこ(コスメ・香水好きフリーランス)/企画=池田園子 /編集・監修=「おうね。」編集部

#ゆっこ #暮らし #ファッション #シルク #洗濯できる #ランジェリー #インティミッシミ #池田園子

ナビゲーター

  • ゆっこ  化粧は武装。主に赤茶・茶・オレンジを偏愛する。デパコス・プチプラ問わず、自分らしく、アガるコスメを探すのが好き。最近はストイックじゃない美容、ライフスタイルへの関心が高い。会社員として働きながら、女性向け媒体で美容に関する連載を持つ。Twitterでの美容・コスメ投稿は「ゆっこ美容」を支持する女性たちから大人気。

    ゆっこ 化粧は武装。主に赤茶・茶・オレンジを偏愛する。デパコス・プチプラ問わず、自分らしく、アガるコスメを探すのが好き。最近はストイックじゃない美容、ライフスタイルへの関心が高い。会社員として働きながら、女性向け媒体で美容に関する連載を持つ。Twitterでの美容・コスメ投稿は「ゆっこ美容」を支持する女性たちから大人気。

▼このナビゲーターの他記事はこちら

感想・質問を受け付けています

記事を読んでくださってありがとうございます!
ナビゲーターのゆっこさんや編集部あてに
是非
あなたの声をお送りください。時には「アンサー
記事」を出したいと思います。